一通の手紙  2011年の初め頃、光風台病院の投書箱に一通の手紙が入っていました。それには「一老人より」とあり、病院の敷地内にホームを作って欲しいとの内容でした。私はその後の朝礼で、この手紙の事を紹介し、ホームを作ろうと提案して、職員に協力を求めました。ホームは「わが家」「家庭」という意味で温か味を感じる言葉です。一老人が求められる気持ちが理解できます。この気持ちを尊重して、希望が叶えられるような施設の実現を目指して行きたいと思っています。 医療法人 恵会 理事長 浅見演彦

あなたの家族になるために

私たちが目指すこと。

入居される方が安心して生活できる「住まう」場所であり、
プライバシーに配慮した「生活」をお届けします。

私たちは「工夫」します。

企画・設計から予防医学の理念に基づき、元気で末長くお過ごし頂けるよう、建物はもとより備品に至るまで厳選された造りとなっています。

私たちがサポートします。

かかりつけ医の存在は、そこに「住まう」上で、重要な
位置づけになることは云うまでもありません。
病院併設型施設だからこそ、できるサービスをお約束します。

私たちが「安心の医・食・住」を届けます。

閑静な住宅街の中にあって、落ち着いたくつろげる場所。
新たな人生の楽しみを見出だせる場所。
地域の皆様にも親しまれる施設をめざし、職員一丸となって取り組みます。